屋根雨漏り修理するには

天井や壁にシミがある、部屋がカビ臭いなど、そんな時は雨漏りの可能性があります。

天井からポタポタと雨水が落ちてきてやっと雨漏りだと気づくことが多いようですが、その時にはすでに天井裏や家の内側はすでにかなり腐食が進んでいる可能性があります。

まだ大したことないからと放っておくと、屋根全体を張り替えることになったり、柱などを伝って基礎が腐り最悪の場合建て替えなければ住めない状態になったりもします。

雨漏りに気付いたら出来るだけ早く屋根雨漏り修理する必要があります。



屋根雨漏りの原因として多いのが、建物の経年劣化などによって瓦がずれたり割れたりしてその下に敷いてある防水シートまで傷み、その傷んだ場所から屋根の下地材に水が浸みこむのです。

goo ニュースサポートと断言できます。

その他にも屋根の形状や資材の種類にもよりますが、コーキング剤の劣化であったり、スレートの破損、ルーフィングの割れや浮き、板金の僅かな釘浮きでさえも雨水が侵入してきます。



雨水の侵入口が特定できているのであれば、市販されている防水シートやコーキング剤、防水のパテ剤などで屋根雨漏り修理ができますが、これはあくまでも一時的な応急処置として行うほうが良いでしょう。

屋根雨漏り修理は高所での作業になるため危険な他に、水の侵入口が複数ある可能性もあり、特定するのが難しいので自分で修理するよりも業者に依頼する方が、安全で確実性があるからです。


屋根雨漏りは気付かないうちにすでに起こっていることがあるので、屋根や外壁など定期的にチェックしてみましょう。

top